Strict Standards: Non-static method Protector::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/xoops_trust_path/modules/protector/include/precheck.inc.php on line 31

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/include/common.php on line 39

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202

Strict Standards: Non-static method XoopsErrorHandler::getInstance() should not be called statically in /usr/home/ae155lcv2g/html/class/errorhandler.php on line 202
- Blog

YAE MAEDAÁ°ÅÄȬ½Å¡¡äÛ¡¦¤«¤º¤é¤Î¥Ð¥Ã¥°&¥¢¡¼¥È

HomeInformationGalleryMail FormLinkBlogProfilehttp://www.yae-maeda.com/
Blog

2018年11月30日(金曜日)

きらびやかな光とパホーマンス

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時11分11秒


今年のSOGOデパートのクリスマス・ツリー、年々寂しい感じになっている。
クリスマスは、精々きらびやかにしてほしいものですが・・・


こちらは平和大通リのドリミネーションー、飲み会帰りに観てきました。
今年は色の反乱が少し改善さ連絡たが、色合いが統一されればもっと美しいのに。。。

今週劇場で観た「ボヘミアン ラプソディ」、演奏が素晴らしくて感動した。
オンタイムにはロックと縁が切れた年代だったので、クイーンに興味がなかったは惜しい事をしたけど、フレディ・マーキュリーは、時代の一歩先を歩いていたほどの才能の持ち主だったと言える。
オススメの映画です。


2018年11月15日(木曜日)

Autumn in 山陰

カテゴリー: - 前田八重 @ 10時20分25秒

ちょっと小旅行に。
晴天に恵まれて紅葉を楽しんだ。

旅行で温泉旅館に泊まる際はサービスにお金を払っているのだが、
求めるものとは程遠い結果に終わるものです。


2018年11月3日(土曜日)

偏愛

カテゴリー: - 前田八重 @ 16時16分21秒

洋服デザイナーのイヴ・サンローランのミューズはカトリーヌ・ドヌーブだったと言われている、彼女から受けるイメージを膨らませて洋服のデザインをしていたのだ。

前回書いた引退表明したダニエル・デイ・ルイスの最後の映画「ファントム・スレッド」で彼はデザイナー役で、そのデザイナーにもミューズが居る設定で、この映画では最後は結婚するのだが、理解不能な方向に進んでしまう。

憑依型の俳優なのでテーラーで勉強したらしく、仮縫いの仕方、ドレスピンの打ち方、ハサミの使い方など細部にわたり自然だったので、洋服時代に自分が居たアトリエを彷彿とさせる。

仕事のペースを乱されたくない男性と自分に向いてほしい女性、私は男性目線で映画を観ていたので女性の存在が疎ましくて仕方ないのだが、それでは映画にならない。。。。

この映画、今も不消化のままだが自分の感じ方が笑えてならない。

☆D・ルイスは「存在の耐えられない軽さ」の役とは対極にある役柄で、神経質な性格のデザイナーになりきっていた。  
  姉役のレスリー・マンヴィルが良かったが、ミューズ役の新人女優がイマイチ。


2018年10月26日(金曜日)

決断

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時23分05秒

先月、新聞で仏のシャンソン歌手 シャルル・アズナブールの死亡記事を見た。
今年日本の春の叙勲で旭日小綬章を受賞して、もう94歳だった、時代の流れを感じる。

私の学生時代はビートルズやグループサウンドが流行っていた、TVでもレコードでも観たり聴いたりしながら、NHKのFMで「ヨーロッパと中南米の音楽」という芦原英領が司会の番組でシャンソンやボサノバを聴いていて、、アズナブールは大好きな歌手だった。
あのしゃがれ声が素敵で、「愛のために死す」「帰り来ぬ青春」「ラ・ボエーム」などが特に好きだった、このころからフランス映画は大量に封切られ、ほとんど観に行った。
あとは、俳優としても素敵だったイブ・モンタン、ジルベール・ベコーの「そして、今は」は好きな歌で彼のLIVEにも行った。
女性では、エディット・ピアフ、ミレイユ・マチユなどを聴いていた。

そこが原点? カラオケではシャンソンを歌っているくらいなので、影響を受けている。

あの頃美しかったアラン・ドロンが先日引退表明したが、残念ながら奇麗な歳のとり方でなくて82歳、演技より外見が売りだったアイドルみたいなものだと思っているので、もっと早く引退すべきだったのではと言いたい。
ドタキャンで話題になり、ツアー数の多さに驚いた沢田研二も、もう引き時ではあるまいか?
芸能人と呼ばれる人間には見場も大切だし、、まず声が出ていない!

イギリスの名優、ダニエル・デイ・ルイスは今秋封切の「ファントム・スレッド」で引退する。
未だ61歳、デザイナーを演じた映画なので楽しみに待っているが、彼にはもう少し頑張ってほしかったので残念でならない。

引き際の大切さを、考えさせられた。


2018年10月21日(日曜日)

耳福

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時56分06秒

数年前、エリザベト音楽大学の小ホールでウィーンフィルのコンサート・マスター、シュトイデさんのソロ演奏を聴き、繊細でありながら厚みのある豊かな音に魅了された。
素人の私でさえ音が違うと感じ、いつかまた彼の演奏を聴きたいと心待ちにしていた・・・

昨日は願いが叶い、音響の良い呉市民ホールでシュトイデさん率いる弦楽四重奏団の演奏を楽しんだが、
心洗われる想いだった。

とにかく、素晴らしい!


2018年10月19日(金曜日)

良いため息

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時27分16秒

来年に向け新しい模様に挑戦して、ほぼ1か月。

芯の太さとデザインが噛み合わないものもあるので試行錯誤はいつものことで、数回の編み直しと様々な方法を試みている。
レッスンでは生徒さんに「今日はため息が多いですね・・」と指摘されたり、寝ても覚めてもというか、夢にまで見るのでストレスが溜まる・・・葛や籐を編んでいるから、葛藤の日々を送っているのではないのにと、シャレておこうか?!

創り手としては良いストレスなのだが、これを繰り返してるので「肥れるわけがないな」と、一人納得するが、年毎の体力低下は否めないし、好きな仕事をいつまでできるのかとつい考えてしまうが、体力と気力を維持するのは自分の覚悟あるのみ。

結果を出すまでのプロセスが、創る仕事では一番の醍醐味だから、今を楽しんでいることに繋がっている。

その新しい模様、試作1つ完成後、次作の改善点を思考中。


2018年10月8日(月曜日)

スリム化

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時05分33秒

20数年前から籐やかずらの材料を入れるために鋼板仕様の物置をベランダに置いていた。
2m×8mくらいの広さのベランダはマンションにしては広いので、片隅に設置していたのだが、最近の豪雨や台風の多さは異常なのと、周囲が駐車場なので風雨は避けられないので不安もあったし、少し前から雨漏りで丸芯にカビが生えたり倉庫の役割を果たさなくなっていた。
持ち主同様、耐用年数切れになっていたところに先週の台風25号の風で、とうとう片方の引き戸が引きちぎられた状態になってしまった。

私の力ではとても無理なので友人に頼んで撤去作業をしてもらったが、当初の目論見と違って大変な作業になってしまい、とてもありがたかった。

今回の撤去作業は殆ど手伝ってないが、数年前から自分で動けるうちに色々なことを断捨離しようとしていたことの1つなった。


2018年10月4日(木曜日)

ワンクッション

カテゴリー: - 前田八重 @ 21時16分47秒

新作に悩んでいて、もう10日位足踏み状態。
ストレスの溜まる日々で気分転換に劇場に出かけた。

レバノンを舞台に、レバノン人男性とパレスチナ難民の男性の「謝る」「謝らない」から発生した事件の裁判が、本人たちの預かり知らぬ方向に発展し、国中を巻き込む問題に発展する。
中東の歴史が根底にあるのだが、根本的には何処にでも生じそうな問題で、人種や宗教などの違いを認めつつ、相手を一人の人間として受け入れるという難しい問題を提起した映画です。

こんなマイナーな「映画オタク」が好みそうな映画なので、字幕スーパーが終わり館内が明るくなるまで誰も立ち上がらない・・・・マナーの良い観客で満足だが、
投げかけられた問題の根が深くて観客の腰が重くなったとも考えられる。

ただ、ラストシーンで主人公の二人が交わす目線に救われた。


2018年9月30日(日曜日)

SUIT

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時04分39秒

アメリカのTVドラマの「スーツ」は弁護士事務所が舞台ですが、あの英国王室の次男に嫁いだメーガン・マークルさんが弁護士役で出演していたことでも有名でしたが、男性俳優達が着用していたブランドのスーツが売り切れてしまったというエピソード付きの人気ドラマでした。
私もwowowで観ましたが、韓国でもリメイクされ主演はチャン・ドンゴン、秋からは日本でもリメイク版が始まると番宣で見たけど、どうも織田裕二が主演かと、、、ほかに役者はいないのか!

ドラマの中では、「弁護士にとっては、スーツは闘う鎧なんだ」という台詞もあるが、さすがに仕立の良いスーツを久々に見せてもらったし、奇麗に整髪し髭もきちんと剃っていて、加齢臭などしそうにもないというか、まず清潔感が漂う。
最近の街では折り目の無いパンツに、Yシャツの第一ボタンは外し、ゆるネクタイの男性が多くて、げっそり。
高いブランドものを着ろと言っているのではない、清潔感ある佇まいを求めているだけ。
きちんとし給え、男性諸氏!

着物に慣れた日本では、襟周りが大きくて袖ぐりも大きなものを好んでいて、Yシャツの首周りも大き過ぎる、
洋服を学んだ者としてはいつも不満だったが、このドラマではさすがに見事なもので、彼らの着ているものを見るのも毎回の楽しみだった。

販売する方にも責任がある、お客を育てていかないといけないと思うけど、世の中は安易な方へ流れている。。


2018年9月9日(日曜日)

紺白・・・

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時53分10秒

「紺屋の白袴」とはよく言ったもので、私も自分の物は余り作らないというか作る暇がないので、新作の習作や失敗作を自分のものとして完成させたbagを持っていることが多い。

時々あることだが、最近レッスンが心身共にheavy、
気分転換に時間がかかる面倒なテクニックで自分用のbagを作ってみた。

お陰で指は攣るし肩こりの毎日だが、今のうちでないと、、、、

明日のことはわからない。

しかしながら、自分の物を作るのなら楽しくて早くできると思われるかもしれないが、やる気に欠けるというか、仕事が捗らないのはなぜだろう?


2018年8月15日(水曜日)

mission

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時27分01秒

平成最後の敗戦記念日です。

被爆二世の私は兄も姉も既に亡くなり、勿論両親も亡くなっているので残されたのは私だけ、代々書き継いできた写真の系譜帖に書き込むのは私の役目なのだが、今迄の書き込みが毛筆使いの達筆で書いてあるので尻込みしていた。

今年こそは、両親、兄、姉、母の妹のことを書き込むことと、
国立原爆被爆者慰霊祈念館にも被爆者で亡くなった家族や親族8〜9名の登録も済ませておこうと思っているが、原爆の時に家が焼けて写真も無くて当時の様子すら判らない人もいるので、
供養にと思って持ち帰った祈念館への登録用書類は、ほぼ10年くらい本棚にしまったままになっている。


2018年8月3日(金曜日)

「宮下奈緒」効果

カテゴリー: - 前田八重 @ 14時28分15秒

本を読むのはいつも呉教室の往復の電車の中だが、豪雨災害以来は呉教室に行けていないので、このところ余り進んでいないが、最近は恩田陸の世界に嵌っている、芯の太さと斬新な表現を気に入っている。

少し前に読んだ宮下奈緒の「羊と鋼の森」という本屋大賞を受賞した本は、ピアノの調律師が成長する様を優しい目線で描いた作品で、音楽好きにはとても興味深い内容だった。

その中に広島出身の作家、原民喜の小説の中の一文が引用されていた。
「沙漠の花」という短編で原民喜が憧れている文体のことを「夢のように美しいが、現実のように確かな文体」と書かれていて、それが「羊と鋼の森」には何度も引用されていたので、どうしても読んでみたくなった。
彼の被爆体験をつづった「夏の花」も読んだが、突然の喪失感を冷静で簡潔な描写にしていて、ちょっと驚きながら引き込まれた。
戦争や殺戮に対しても冷静だった人間が、鉄道自殺で人生を終わらせている。。。。
昔、友人から彼の小説を勧められていたのに、被爆作家と言われていたことに心を閉ざして読めずにいたのを、今回やっと読むことができた。

8.6も近いが歳を取るごとに色々考えさせられ、何かを知るは貴重。


2018年7月23日(月曜日)

夏の陣からの解放

カテゴリー: - 前田八重 @ 11時06分56秒

個展でお受けした10個の注文品の製作が全て終わった。
どんなに遅くてもお盆までには、お届けしないといけないと思っているので、暑いなんて言っていられない状況だったが、昨年も今年も注文数は違うのに・・7月の第四日曜日で終了した。
急ぎの仕事で肩こりと腰痛・頭痛の毎日だった。

当分ゆっくりしたいが、、、

新聞社のカルチャー教室が1つ増えたのとアトリエ教室も入れると、生徒数はほぼ倍になったので、
材料を染める作業には追われることになりそう。
朝刊掲載効果とでも言っておこう!
本音を言うと個展用の作品を創る時間をできるだけ多く確保するのが、私にはベストなのだが、
生徒さんが少なくても多くても2時間は2時間なので、レッスン時間に関しては有効に使えることではある。
しかも、籐の利点を多くの方に知っていただけるのは、願ってもない機会で、
生徒さんには作る時間を楽しんで、どんどん良いものを作ってもらいたいと思っている。


2018年7月15日(日曜日)

政治家とボランティア

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時47分37秒

電車の停留所に貼ってあった各地の交通系ICプリペイドカード一覧ですが、呼び名を見ると各地の特色が出ていて面白い。

こんなカードなんか使ったこともない自民党国会議員の先生方の飲み会の写真がSNSにUPされた。
平時なら何の問題もないが、先週の6日金曜日に気象庁が異例の記者会見で大雨被害と早めの避難を呼びかけた夜なので、直ぐに非難の声があがるのは誰でもわかるのに、どうやらSNSにUPしたのは官房副長官?らしい。
余りの危機感・責任感のない姿に落胆してしまう。
参加者の中には広島選出の岸田氏の姿があった。
(余談だが岸田氏の隣が安倍首相で、彼らの前には安倍さんがオバマさんと寿司屋で飲んでブームになった「金粉入り賀茂鶴」の4合瓶が鎮座してたいたのを、飲んべーの私は気付いてしまった・・・)

こんな政治家ばかりの日本国。選んだ我々にも責任はあるのだが、チコちゃんに叱ってもらいたい、あの番組、気に入っている。
「ぼーっと、生きてんじゃないよ」か?

TVではこの炎天下に被災地で活動している自衛隊や消防・警察・ボランティアの一般人の姿を伝えていて、、
頭が下がる想い。
何もできない体力のない者には、義援金しかない。。


2018年7月8日(日曜日)

幻のコンサート

カテゴリー: - 前田八重 @ 17時02分43秒

市内のビルに住んでいるので、今回の大雨も心配はなかったが、最近の豪雨による被害には驚かされるばかりで、時間の経過につれて大きくなる被害を知り、今までの尺度で災害を考えたら命を脅かされることになるが、災害列島日本はもっと迅速に対応できるような対策をしないといけない時代になっているのに、毎回の被害を知るに少しも改善されているようには感じない、自然の前には人間は無力なのは解ってはいるが、ずっと、この惨事が繰り返されるのか、
「水を治める者は国を治める」と、古代からいわれていませんでしたかね!?

週末はレッスンも交通機関の停止で休講にしたが、楽しみにしていたコンサートも中止になってしまった。
チェロの「宮田大とプラハ放送交響楽団」のコンサートのチケットを手に入れたのは2月、前から3列目という席をgetして楽しみに7月6日を待っていたのに、豪雨の影響で中止になってしまい、それも知ったのは開演2時間前にネット検索で知った。
演奏者も広島入りができていなかったので、どうにもならないけれど・・・
この組み合わせの演奏会はもう実現できないに違いないので、残念で仕方ない。


2018年7月1日(日曜日)

機能的なグッズ

カテゴリー: - 前田八重 @ 12時24分29秒

ヒノキでいい香りの針山、手首に通して仮縫いなどにも使えるし首から下げることも可能で、カワイイ!
以前針山から縫い針が20〜30本出てきたことがあり、大きい鉢山だと針が潜ってしまうことが多いが、こんなに小さいと針も潜らないので、使い勝手が非常に良い。
機能的と言えます。

今も毎回ストレスなのは、ミシンの糸を切る噛み合わせが良くて切れ味の良い小さなハサミが見つからなくて、今までに何本もお蔵入りしている。
ミシンを使わない人には理解できないと思うけど、ミシン糸など細いほど切れにくいものなので、本当に困っている。
裁ちハサミで切ればよく切れるけど、ミシンに置くには大き過ぎる。
探している時には会えないものです。


2018年6月24日(日曜日)

駆け込み寺

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時21分10秒

今週も新聞社のカルチャースクールの生徒募集が朝刊に載り、私の記事も掲載されたので更に体験講習や入会希望者が増え、キャンセル待ちの方もおられる事態になり、カルチャーセンター側から急遽「朝教室をもう1つ増やして下さい」という要望で、お受けすることになりました。
こんなに反響があるなんて考えてなかったので、驚いています。
籐の皮作品の良さが今以上に世の中に広まるかもしれない機会なので、本当にありがたい事です。

個展でいただいた注文の製作も頑張っていますが、ガチガチに疲れて固まった身体をリフレシュしたくて、久々に整体の施術を受けました。
整体師の方に驚かれる程の凝りで自分自身もかなり痛かったのですが、数週間後の予約をお願いして帰り、少し身体が軽くなったような・・・
疲れを溜めない生活が一番良いのですが、それはなかなか難しい。
今からは私の駆け込み寺になりそうです。


2018年6月18日(月曜日)

元々の取材記事

カテゴリー: - 前田八重 @ 13時27分52秒

朝刊に載った記事は、この「ちゅーピー カレッジ通信」の記事を転用したもので、これが元々の取材記事です。

朝刊掲載は個展前の私にはありがたい掲載になり、体験講習の応募者が多数です。
カルチャーセンターとしては体験講習を機に入会していただくのが目的ですが、、最近は地道に学ぼうとする人が減っているので、その1回で終わりの方も多いのが現実です、成果が上がれば良いのですが、
どうでしょう。。。


2018年6月9日(土曜日)

終わってない私

カテゴリー: - 前田八重 @ 18時03分34秒

6日水曜日に個展が無事終了しました。
皆様に感謝です。

完売するのは夢のまた夢で、残った作品や持って行った全ての物を元の場所に片付ける作業には疲れた灰色の脳細胞と身体が動きが悪くて、なかなか捗りませんでしたが、昨日位からは徐々に仕事を始めています。
もう頭の中では来年は何を創るかを考えながらの仕事になっています。

有難い事に今回は注文品が多くて、嬉しいような悲しいような、、まだまだ休めません、追い込まれて夢に見そう。

毎年、曜日による来客のパターンも違えば、色の好みも偏ったりするのですが、今年もwhat’s newのイチオシ作品に目がいくのは毎年どなたも同じで、今年は黒いbagに人気が集中。

とにかく早くお渡しできるように、頑張るのみ!

好きなお酒も飲んでる場合じゃない。


2018年6月1日(金曜日)

明日から個展

カテゴリー: - 前田八重 @ 22時12分25秒

ギャラリーに作品を搬入してきました。

今年は、色々な形や雰囲気の違うbagの競演をお見せするつもりで創ってきましたが、皆様に喜んでいただけるかどうか、、、ドキドキです。

籐の花器には山野草が似合うのですが、田舎に移住した友人のバケツいっぱいのお花が華やかに会場を盛り上げてくれ、いつものお手伝いの生徒さん達も来て下さり、搬入は一人では難しい。
ありがたいことです。

あすから5日間いい天気に恵まれ、いい出会いのあることを期待して・・・


8 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

籐皮・かずらのバッグ&アート 前田八重
〒732-0827 広島県広島市南区稲荷町1-24新見ビル301号
TEL/FAX 082-263-8707